女医 診察室 不思議 秘密 官能 美容整形 診療内科 超能力 謎の声 などの妄想小説です^^。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それは予想もしなかった光景だった。
「空間がゆがんでいる?というか・・・ない?」
目の前には小さな銀河系のような黒い物体が浮かんでいる。いや、浮かんでいるというよりも、そこの空間がゆがんでなくなっているよう

に見えるのだった。

「これって、何?」

「先生にもわからないよ、だって先生はお医者さんだからね」
と、安倍くんはまたいつものようにいきなりしゃべりはじめた。下半身丸出しで(笑)
それはとても格好のいい姿ではなかったけれど、遊佐は唐突にこう話し始めたのだった。

「安倍くん、それ治してもいい?」
「うん、いいよ、この黒い何かは多分先生にもわからないだろうけれど、これをきっと先生は治そうとするって思ってね」
「え?安倍くん、これが何だか先生ならわかるんじゃないかって言ったじゃない、騙したの?」
「TOMOさん、ごめん、でも、これで先生の「能力」がはっきりと証明できるんだ。、そして君の能力もボクが解き明かしてあげるよ」
「じゃぁ、やるよ、直接触ってもいいかしら?」
「先生お願いします」
「触ることで、この黒い何か?暴走したりしない?」
「それはダイジョウブ、ボクが保証するよ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusafx.blog117.fc2.com/tb.php/16-b189a5a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。