女医 診察室 不思議 秘密 官能 美容整形 診療内科 超能力 謎の声 などの妄想小説です^^。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOMOが私の外来に来なくなってもう2ヶ月になる。医者が患者のことをあれこれと詮索するのもプライバシーの問題もあるし、そんなことに立ち入っても仕方がないんだけど。あの日のことは、本当に起きた事なのかしらと今でも思う。もしかしたら、今流行の手品みたいなものだったのかなとか。それにしては大仕掛けだったけどね。まぁ、彼女にも都合はあるだろうし、事情もあるんだろう。彼女の家にも気軽に行ける距離でもないし、電話も思い切ってかけてみたけれど通じなくなっているので、急に引越ししちゃったのかもしれない。

あの日以降の私といえば、なんとなく調子いいかしらという程度。患者さんからの評判も今までどおり悪くないし、まぁ、順調だ。
自分では手が光る感じも少しはあるんだけど、どうも他人からは見えないようだから、まぁ、能力が出る出ないなんてことは気にしないで、ちょっと病気が悪そうだからサービスで少しこの光を当てておこうかなってくらい。

彼女の家はここから近くはないけれど、あの日の後、どうなったのかだけでも一度行ってみようかしら。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/12/27(土) 07:20 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusafx.blog117.fc2.com/tb.php/26-097945a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。