女医 診察室 不思議 秘密 官能 美容整形 診療内科 超能力 謎の声 などの妄想小説です^^。




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOMOはいつものように勤務するオナクラ店に到着した。入るなり店長が
「TOMOちゃん、なんかオーナーが話があるんだってさ。車を回すって言ってたからすぐに行っておいで。」と。
「でも店長、今日の勤務は・・・」というを遮って、「なんとかしとくから、早く行きな」と。
「はい、それでは行って来ます、すいません店長」
店を出て少し離れた大通りの指示された場所に着くと、見たこともない大きな外車から、これまたお約束のようにサングラスをかけた

大柄な男が二人。「佐々木様ですね、ハク様がお待ちです。この車にお乗りください。」
TOMOが乗り込むと車はすぐに走り出した。と同時にTOMOは眠くなり寝入りこんでしまった。

どのくらい眠ったのだろう。目が覚めるとそこは豪勢な調度品がたくさんある豪華な部屋だった。
さらに驚いたことに、自分の洋服がそれはもう素敵なスーツに替わっているではありませんか。
腕には高そうな時計が、首にはネックレスが眩いばかりに輝いている。そして、大事な「お守り」も不釣合いに首からぶら下がってい

る。

「佐々木さん、早速始めましょうか?」
目の前には見慣れた顔のオーナーが笑顔で立っていた。ドアの所にはさっきの屈強な男が二人。
「私はハクと言います。自己紹介はしていなかったわね。楽にしてくださいね。」
「ええ、でも私・・・これ・・・」
TOMOのが聴こえなかったかのように、ハク様は話し始めた。
「佐々木さん、このリングを貰ってはいただけないかしら。これは貴女にとってとっても大事なものになるの」
「はい、こんな素敵なもの頂いていいんですか?」
「ええ、早速付けてみてくれない?」
「わかりました。」
「これはね、貴女の消したい記憶を忘れさせてくれるのよ・・・貴女の消したいことはもう判っているわ。私達に任せて・・・」

TOMOがリングを指に通すと・・・また意識が遠く、とても遠くなっていくのがわかった。

「さて、佐々木さん、この新しい事業の件なんだけど、企画書出来上がっているかしら?」
「はい、ハク様、今日はお目を通して頂き、ご感想を頂きたく参りました」
「その前に、佐々木さん、その「お守り」なんだけど、貴女には必要なくなったから返していただけるかしら」
「はい、もちろんです。ハク様。元々ハク様に頂いたものですし。」
「ありがとう、そして、今日は貴女がより私達の新しい力になった証拠として、新しいリングを授けたいんだけど、今のものと取り替

えてもらってもいいかしら」
「はい、光栄です、ハク様」

TOMOこと佐々木は今まで肌身離さず大切にしてきたリングをはずし、新しいリングを手に取り、身に付けた。

ハク様が微笑んだ。
「これで、貴女はもう昔に戻る事はないわ、貴女は私のモノ。では始めましょうか、貴女の輝かしい未来に向かっての会議を・・・」
聴診器や、ワシのが聴こえるか?。ワシはメガネと呼ばれておるものじゃ。お前は聴く事しか出来んじゃろうから、よぅ聴いておく

れ。ワシはある老人の元で大事な仕事をしているアイテムなんじゃよ。そしてお前も主を持っておるじゃろ。先生のことじゃ。お前の

先生に身の危険が及ばぬよう、よう聴いてくれ。本来なら、ワシの主がお前の先生を守ってやらんといかんところなんじゃが、こちと

てやらにゃぁいかんことが一杯出てきてな。そうもいかんのじゃわい。ただ、今のところ、奴らは先生の存在には気付いておらんし、

先生も自分が「能力者」だとは気づいておらん。そのことは今の所、好都合じゃとてな。事態は急を要するんでな。
門が開かれたのじゃ、奴らを止めんといかんじゃ。ただ、先生の身にもしもの事があったらお前は叫べ、そうすれば我らの誰かがその

を聞きつけて駆けつける、必ずお守りするからな。安心せぃ!。
私達はこの「小宇宙」と「」に関して、誰にも話さないで置こう、そして忘れようという結論で一致した。
それは突然現れ、そして自然と消えていったこともあってね。

また会う?それとも会わない方がいいのかなぁとか他愛もない話をしていると、本当にそろそろお開きの時間になった。

最後に安倍くんがTOMOに思いつめたように言った。

「TOMO、ひとついっておきたいことがあるんだけど。
近々君は誰かからリング(指輪)を貰うことになると思う。でもできればそれを断ることはできないだろうか。
そう、断ってほしいんだ。
でもね、それを断れないことは判っているんだ。君にとって大切な人から貰うものだからね。
さらには、君がそれを貰い、それを身に付けることは君にとっていい結果をもたらすから。」

「安倍くんの言うことは、いちいち難しいのよねぇ~」TOMOは話の腰を折ってそう笑って切り返した。
「はいはい、もうこのことはなかったことなんだから~」

TOMOは相変わらず屈託のない笑顔で笑っている、私、遊佐も、まぁいいかなぁってことで、笑っている。そして安倍くんも何か吹っ切

れたように笑顔だ。「じゃぁ、いつか縁があったら会えるかもね~今日でお別れ、お疲れさん!」
「ハク様。遂に待ちに待った私達の時代がもうすぐそこまで来ましたね。」
「そうだな、この二百年、「能力者」を失い、時空の牢に幽閉され、そこから逃げ出し、新たな「能力者」を見つけ出し、我が一族は

本当に大変だったな。」
「そうでございます、やっと「能力者」の能力を手に入れることがこうしてできました。あとは、あやつらをどうしてやろうか。」
「まぁそう焦るな、クインよ。せっかく二百年ぶりに歴史を我が手中に入れたも同然なのだ、大いに策を練ろうではないか。」
「はい、わかりました、ハク様。」
「それではまずあの子の能力を頂き、そしてそれを封じる手はずを進めようか。」
「ハク様、早速手は打っております。もうすぐここに佐々木様は到着する手はずになっております。」
「彼女の新しい人生に乾杯って所だな。」
「そうですね、彼女にはどんな素敵な人生が開けるのでしょうねぇ。」
「そして我々の新しい人生にも乾杯!」
目の前には、よくマンガに出てくるような大きな。外枠があって開き戸が左右対になっているような
そのの模様は先ほどの「小宇宙」で、ぐるぐると渦を巻いている。

「これって、何」「なんだろう」「怖いわ」
「何か入れてみる?」「危なくない?」

「危なくはない」安倍くんが断言した。「これは危ないものじゃない。でも何かはわからない」
「どうして危なくないってわかるの」TOMOが腰を抜かしてお尻を床にペタンとつけながらか細いで聞いた。
「やめなさい!安部くん!!!」
遊佐が叫んだが、安倍くんは頭と腕をそのの渦の中に突っ込んだ、そして、何事もなかったかのように無事生還した。
「ダイジョウブなの!?」
「うん、なんともない」
「中は一体どうなっていたの?」
「う~ん、何もないというか、何も見えない」「でも、、、」
でも、と言って阿部くんはしまったという顔をしているようだった。
「でも、なに?」
「聞きたい?」
「うん」「是非」

「このの先にいずれ僕らは行かなくてはいけない、でもそれはとっても危険だ」
「でももっと危険なのはこのをくぐろうとするのは、僕らだけじゃないってことだよ」

「隠しましょう!誰も見なかったことにして!」TOMOは力強く言った。
「無理なんだ、、、この門のことは奴らも既に知っている。でなければボクの未来を知る「能力」が彼らがこの門を通ることは予知できない」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。